公共・産業用太陽光発電システム

平成24年7月から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がはじまりました。
太陽光発電によって発電した電気を、電力会社に一定の期間・価格で買い取りこと義務付けられ 設備の投資など必要コストの改修の見込みも立てやすく参入する企業団体が大変多くなりました。 「一定の期間・価格」は国が原則として毎年度見直しをしており
2019年度は

上記に決定致しました。発電出力によって期間と価格が異なります。

「電気を売る」には国の設備認定が必要です。
発電設備の規模により窓口・申請方法が異なります。

50kW未満
一般社団法人太陽光発電協会JPEA代行申請センターのWEBサイトよりインターネット申請。

50kW以上
管轄の経済産業宛に指定様式により申請。詳細→「なっとく!再生可能エネルギー

制度施行後、弊社では400件程の設備認定申請代行業務実績がございます。



 施工実績,詳しくはコチラ